申し訳ありませんが、まだデータがありません。

まだまだあるメーカー

オフィス向けプリンター

エプソン・キャノンであれば、コピー機や複合機の宣伝で耳にした事があるメーカーだと思います。
しかし他にも印刷機器を販売しているメーカーはあります。

■日本HP
世界的パソコンメーカーであるHPもプリンターを販売しています。
エプソン・キャノンより先に無線LANもしくは有線LANの使用が可能な製品を開発し販売しています。
ですがその二社もHPの技術に追い付いてきており、機能的には三社とも大差はなくなってきました。
HPのプリンターの特徴は、ネットに接続する事によって様々なコンテンツを楽しむ事が出来る点です。
例えば気象情報を印刷したり、クーポンを印刷したりなどがプリンター1個でできるのです。
パソコンを介さずに印刷が可能である、eプリントというサービスもあります。
Photosmart、Officejetの2つが代表的なモデル名です。

■ブラザー
ブラザーのモデルはPRIVIOになります。
特徴は機能が多様な点です、通常の複合機はFAXの印刷ができるのが普通ですが、PRIVIOはそれに電話機能までもがついています。
電話機能がないモデルもありますが、モデルによっては家庭用ではあまりできないA3サイズの印刷ができる物があります。
インク節約モードという物があり、使用インク量を通常の約半分の量で印刷が可能です。

印刷機器メーカー

シルバーボディのプリンタ

高性能な印刷が可能な、コピー機や複合機などの印刷機器を販売しているメーカーを説明します。

■エプソン
エプソンといえばColorioです、全てのモデルは全面給紙タイプの物になります。
全面給紙とは、給紙トレイと排紙口がプリンター全面にあるタイプの事です。
プリンター自体にもカラーバリエーションがあり、家庭で使用するのであればその部屋の色合いを考えて購入する事ができるのです。

■キャノン
キャノンといえばPIXUSです、特徴は文章印刷に長けている点です。
そのためワードやエクセルで作成した文章データを綺麗に印刷刷る事ができます。
スマートフォン端末からのPDFデータを印刷する事も可能です。
エプソンと同様、プリンターの見かけもこだわられておりカラーバリエーションもあります。

その他の印刷方法

スキャン機能

コピー機や複合機以外の印刷方法も沢山あります。

■オフセット印刷
平版印刷になり、大量の印刷物を印字させることに特化しています。
カラー印刷などの彩度を十分に印字する事ができます。

■グラビア印刷
凹版印刷やラップアラウンド版を使用します。
コンベンショナル法・網グラビア法・電子彫刻グラビア法の3つの種類があります。
雑誌のグラビアや付録などに使用されます。

■フレキソ印刷
ゴム版や合成樹皮でできた版を使用する方法。
ゴム判子みたいな感じと想像し、それを紙などに押し付ける事によって行います。
アルミ缶やダンボールなど、少々特殊かつ印刷がしにくい物に使用されます。

オンデマンド印刷とは

白い複合機

サーマルジェット・インクジェットプリンタで行う印刷は、オンデマンドという印刷方法になります。
家庭用やオフィス用のコピー機や複合機は全てオンデマンド印刷になります。

印刷には普通、元になる版が必要ですが、オンデマンドにはそれが必要ありません。
そのためスピーディに気軽に印刷が可能なのです。
凹凸がない印刷になり、紙の上にインクを乗せていくという印刷方法になります。
印字されている部分の面を触ると、インクが付いている部分はつるつるしています。

オンデマンドは、少部数の印刷に長けておりコストを抑えての量産が可能です。
データそのままの印刷が可能なので、元になっている原稿やデータを実物そのまま印字ができます。